脱毛 2ヶ月以内

MENU

2ヶ月以内の脱毛は効果がないって本当?

脱毛に通う際、一度施術を受けたら次回の予約は、1〜2か月くらいあけてから通うことが多いですよね。
中には、2ヶ月以内の場合は、脱毛の効果がないので、施術を断っているところもあるんです。
ではそれは、どういう理由からなのでしょうか。
基本的に、脱毛に通う頻度というのは、毛が成長する周期に依存します。
というのも、脱毛をする際、フラッシュであれレーザーであれ、毛に存在している黒い色の色素であるメラニン色素に反応させるのです。
反応が起こることで熱が発生し、その熱が毛根部分へ伝わり、毛を育てる細胞を破壊していきます。
ところで、毛には成長期、退行期、休止期と言って、伸びていく成長期と抜け落ちる退行期、毛が生えていない休止期を順を追って巡っていきます。
そして、すべての毛穴で同じように成長しているのではなく、それぞれの毛の成長にはズレがあります。
この成長周期は体の部位にもよるのですが、1か月から6か月くらいの差があります。
そして、脱毛ができるのは、メラニン色素がある状態、つまり毛が生えている成長期に限られるのです。
したがって、すべての毛穴の毛をなくすには、初めに照射したときに毛がなかった部分の毛の成長を待たなければなりません。
その為、1〜2か月くらい期間を開けて通わないといけないのです。
2ヶ月以内の脱毛は効果がないというわけではありませんが、100%効果があるというわけではないということですね。

 

2ヶ月以内の脱毛は効果がないって本当?