脱毛器 エステ

MENU

エステサロンで使用されているIPL脱毛器の特徴を解説

自己流のムダ毛処理って大変ですよね。
エステサロンで脱毛をしたいと思った場合、まず不安に感じるのが、どうやって脱毛をしていくかです。
エステサロンの多くが「フラッシュ脱毛器」を使用しています。
これはプラズマやIPL(インテンスパルスライト)などの特殊な光を使って脱毛をする方法です。

 

この光には黒色に作用するという特徴があります。
ムダ毛の毛根に作用することで、じょじょに生えにくくすることができます。
医療クリニックではレーザー脱毛器が多く使われていますが、エステサロンで使用されているフラッシュ脱毛器は、作用する範囲が広いというメリットがあります。
ですので、1回の施術で広範囲のムダ毛を処理していくことができます。

 

また、フラッシュ脱毛器はレーザー脱毛器よりも出力が弱いので、痛みが少ないという特徴もあります。
広い範囲のムダ毛を処理したい場合や、肌へのダメージが気になる場合は、エステサロンでのフラッシュ脱毛がおすすめです。
さらにエステサロンでの脱毛には、美容に詳しいプロに施術してもらえるというメリットがあります。

 

気になる脱毛後のケアも、美容のプロにカウンセリングできるので安心です。
エステサロンで脱毛を受けるなら、キャンペーンを上手に活用するのがポイントになってきます。

 

IPL脱毛は安全に脱毛できる?

 

・IPL脱毛は黒く濃い毛を脱毛するのに向いている

 

光脱毛には、SSC方式、SHR式脱毛(蓄熱式脱毛)などの脱毛方法がありますが、
一番多くの店舗で採用されているのが「IPL脱毛」です。

 

このIPLは、「インテンスパルスライト」を略したもので、脱毛の他にもエステサロンなどで美白やニキビ、赤ら顔の治療などにも使用されていてます。

 

では、このIPL脱毛の特徴を見ていきます。

 

@広い範囲に照射できる
IPL脱毛は、光の熱を広い範囲に照射できるので、全身脱毛のように多くの部位を脱毛するのにとても向いています。
また、施術時間の短縮にも繋がるので有難いですね。

 

A黒いメラニン色素に反応する
IPL脱毛は、照射した光を黒いメラニン色素に反応させて毛根を壊していく脱毛方法です。
毛が黒く濃いほど良く光には反応します。

 

B肌トラブルを起こしにくい
IPL脱毛は光脱毛なので、レーザー脱毛に比べると光の強さが抑えられています。
ですから、お肌には優しく敏感肌の人でも安全に脱毛できます。
ただし、脱毛効果を考えるとやはり光の出力が強いレーザー脱毛の方が効果を実感しやすいです。

 

このように、IPL脱毛は広い範囲を脱毛するのに優れていたり、光の強さが抑えられている
分、肌トラブルを起こしにくく安全です。

 

・産毛を脱毛する場合、IPL脱毛は不向き

 

IPL脱毛は、黒く濃い毛に反応しやすいと解説しましたが、逆にいえば色素の薄い産毛を脱毛するには向いていません。
その理由は、産毛はメラニン色素をあまり含まないので、光を照射してもほとんど反応を示さないからです。
ですから、背中、うなじ、ヒップ、腰、顔など産毛が多い部位の脱毛を考えている人は、あまりIPL脱毛で施術するのをお薦めしません。

 

そのような部位を脱毛する時にお薦めなのは「SHR式脱毛」や「ハイパースキン脱毛」と呼ばれる蓄熱式脱毛です。

 

この脱毛方法の特徴は、まず照射した光をメラニン色素に反応させなくて良いので、毛が濃くても薄くても同じ効果を得られます。
また、照射する光の熱が弱いので、通常の光脱毛に比べると体感温度も低くなり、痛みをほとんど感じないというメリットがあります。
そして、メラニン色素に反応しないので、肌が地黒の人や日焼けをしている人でも脱毛できます。
今まで肌が黒く脱毛を諦めていた人にとってはすごく画期的な脱毛方法ですね。

 

このように、脱毛をする際は、自分の肌質や毛質に合った脱毛方法を選んでみるのも良いと思います。

エステサロンで使用されているIPL脱毛器の特徴を解説