実は医療行為って知っていた?レーザー脱毛器は病院にあり!

MENU

実は医療行為って知っていた?レーザー脱毛器は病院にあり!

永久脱毛をする場合、レーザー脱毛が一般的で効果の高い脱毛をすることができます。
脱毛サロンの脱毛では永久脱毛することは出来ず、レーザー脱毛は医療機関でしか出来ない脱毛方法です。

 

また医療機関以外での永久脱毛は違反行為にあたり、 昭和59年11月13日及び昭和63年2月4日に、『永久脱毛』行為について、厚生省・医事課より 「永久脱毛を業として行った場合は、医師法第17条の医業に該当し、医師以外の者が行えば医師法違反となる」との回答が出されたため 医療機関以外では永久脱毛行為が禁止されているのです。

 

レーザー脱毛は一般的には美容外科や美容皮膚科の医療機関で行われ、 医師が常駐・指導のもとに脱毛を行います。

 

医療機関で使用されているレーザー脱毛器は事なり、いくつかの種類があります。
よく使われているのが アレキサンドライトレーザー、 ダイオードレーザー、 Gentle YAGレーザーがあります。

 

  • アレキサンドライトレーザー

    男性のヒゲ毛のように根が深くしっかりした毛にも適しており、痛みは輪ゴムをパチンと弾いたような痛みがあります。

  • ダイオードレーザー

    細い毛・産毛にも効果の高い脱毛器で痛みはほとんど感じず脱毛することができます。

  • Gentle YAGレーザー

    日焼けをしたお肌や 剛毛・男性の髭など 幅広い毛に対応できる脱毛器です。

 

医療レーザー脱毛が永久脱毛と言われる理由。永久性はどこまで保障される?

レーザー脱毛は医療機関でしか行えない脱毛方法で、脱毛効果が高いので永久脱毛ができる方法となっています。
レーザー脱毛は黒い毛だけに反応し、毛根とその周りの毛包を熱によって破壊してムダ毛をなくします。

 

毛には休止期、退行期、成長期といった毛周期があり、脱毛をする場合、成長期の毛に照射する必要があります。
そのため、脱毛したい部位の毛がすべて成長期である必要があるので、完全に毛が生えてこないようにするには、何度も脱毛しなければなりません。

 

毛が生えてこなくなったと実感を得るには、レーザー脱毛の場合、5回程度の脱毛が必要になります。
しかし、レーザー脱毛でも産毛や産毛のような薄い毛には効果が得られない場合があります。こういった毛は自分でお手入れする必要があるということです。

 

また、永久性という点を見ると、実はまだ立証がされていません。レーザー脱毛器が登場してからまだ10年程度しか経っていないため、10年以上経っても毛が生えてこないという事例がないので、仕方がないといえます。
これだけの期間、毛が生えてこなければ永久脱毛という定義がないので、毛周期から判断すれば1年以上毛が生えてこなければ永久脱毛といってもいいでしょう。

 

クリニックの中には1年間に6回のレーザー脱毛を行っても、あと数回の脱毛が必要になる人がいるため、永久保障としてコース後の脱毛が格安で受けられるクリニックもあります。

 

人気クリニックの情報はこちらでチェック
実は医療行為って知っていた?レーザー脱毛器は病院にあり!