興味はあるけどちょっとコワい…レーザー脱毛の痛みって実際どうなの?

MENU

興味はあるけどちょっとコワい…レーザー脱毛の痛みって実際どうなの?

レーザー脱毛の効果はフラッシュ脱毛の3倍と言われているので脱毛効果はとても高いです。
しかし、効果が高いことから脱毛時にはやや痛みがあり、ときおり別料金を支払って麻酔をしてから脱毛する人もいます。

 

痛みの感じ方は人それぞれで、レーザー脱毛を行ってもそれほど痛みを感じない人もいる一方、輪ゴムをパチンと弾いたような痛みを感じると言う人もいます。
レーザー脱毛を始めたばかりの時は痛みに我慢していた人でも、回数を重ねるうちに痛みに慣れてくるようです。

 

痛みを感じるという声が一番多いのが、VIO部分の施術です。
一部ではレーザー脱毛は痛みが強いと言われているので不安を持っている方もいるようですが、痛みに耐えられない場合には我慢しないでクリニックの人に出力を下げて欲しいと伝えましょう。

 

先ほども言いましたが麻酔を使うことも可能なので、とにかくまずはクリニックの人に相談がベストです。
また肌が乾燥していると痛みが強くなるので、脱毛前日にはしっかり保湿をしておく事も大切です。

 

使用する脱毛器によっても痛みは異なり、 たとえばダイオードレーザーの「デュエット」という最新式の機種による脱毛は大幅に痛みを軽減できる機械となっています。

 

痛い思いはイヤ!レーザー脱毛の痛み止めってどうなの?

クリニックで行われているレーザー脱毛は、永久脱毛方法なので脱毛効果は高くなりますが、施術にあたっては他の脱毛方法より若干痛みが伴うことがあります。
その痛みは輪ゴムをパチンと弾いたような痛みと表現されますが、どのくらい痛みを感じるかは人それぞれのようです。

 

痛み対策には色々あり、代表的なものはやはり麻酔で、クリーム麻酔と笑気麻酔があります。
クリーム麻酔は塗布してから30分ほどで皮膚の表面の感覚を鈍くさせることができ、施術後は5〜6時間程度もしびれたような感覚があります。

 

笑気麻酔は笑気ガス(亜酸化窒素ガス)を吸入して痛みを感覚を取るものです。
吸収をやめるとすぐにさめることや、自由に濃度を変えることが可能なので副作用や危険性が少ないことがメリットです。

 

ただし、麻酔の場合には別料金がかかり、1部分2〜3,000円が相場です。
自分でバファリンなどの市販の鎮痛剤を使用する方もいますが、くれぐれもクリニックに相談してから使用するようにしてください。

 

また、痛みにどうしても耐えられない人はレーザーの出力を下げてもらうことも可能です。
その場合痛みは軽減されますが、脱毛効果が弱くなるので脱毛回数を増やさなければならないことは注意が必要です。

 

他の痛み対策としては、生理前後の施術を避ける、日焼けを避ける、日ごろ保湿を心掛け、施術の際には冷やしてもらうという方法もあります。

 

人気クリニックの情報はこちらでチェック
興味はあるけどちょっとコワい…レーザー脱毛の痛みって実際どうなの?