脱毛 パンツ 向き

MENU

VIO脱毛する時は紙パンツを履くの?施術を行う向きも徹底解説

・VIO脱毛では紙パンツは履いて施術を行うのか?

 

最近はワキ脱毛と並んで人気の部位となっているVIOですが、デリケートな部位なので、初めて  VIO脱毛する人は心配なことも多いのではないでしょうか。

 

ここでは、 脱毛の施術方法について紹介していきたいと思います。
まず、脱毛サロンやクリニックによっても施術方法は変わってきてしまいますが、
ほとんど店舗で紙パンツを履いて施術を行っていきます。
この紙パンツは、前は少し隠れるようなかたちですが、後ろはTバックのように紐状になっています。

 

そして、照射をする際はこの紙パンツをずらしながら、少しずつ光を当てていきます。
ですから、VIO脱毛が恥ずかしいと思っている人でもそこまで抵抗はないと思います。

 

この紙パンツはミュゼプラチナムでは無料ですが、脱毛サロンによっては100円前後料金が取られる店舗もあります。

 

また、店舗によっては、紙パンツなどは履かずに、タオルで隠すだけという所もあります。
何故、タオルで隠すだけなのか?というと、照射する際に打ち漏れがないようにする為です。
紙パンツを履いて照射する場合には、ずらしながら行うので、照射漏れをしてしまう可能性は多少なりともあり得ます。
もし心配であれば、紙パンツを履く店舗であっても、タオルで隠して施術をしてもらっても良いかと思います。

 

・VIO脱毛を行う時は、どのような体勢で行うの?

 

VIO脱毛する時は、紙パンツを履いたり、タオルで隠して施術をするということは分かりましたが、どのような向き(体勢)で脱毛を行っていくのかも正直気になりますよね。
ここではその施術の向きを紹介します。

 

・Vラインは、ベッドに仰向けに寝転び、両足を少し開いて光を当てやすいようにします。

 

・Iラインは、照射を行う側の膝が外を向くように足を少し曲げます。
上から見ると「くの字」のような形です。
照射を行わない側の足は伸ばしたままになります。
妊娠中に行う触診のような体勢ではないので、そこまで凄く恥ずかしくはないと思います。

 

・Oラインは、うつ伏せで寝て少し両足を開きます。
店舗によっては、Iライン同様に、膝を外側に倒すような形(くの字)の体勢を取るところや、四つん這い、横向きで施術を行う店舗もあります。
VIラインに比べると恥ずかしさは軽減するかと思います。

 

VIOは、粘膜の近くであったり、皮膚が薄い部分でもあるので、脱毛をする際は痛みを感じやすくなるので、脱毛する向きが苦しいと更に辛くなります。
なるべく脱毛する体勢も自分が居心地の良い向きにしてもらうと良いでしょう。

 

VIO脱毛する時は紙パンツを履くの?施術を行う向きも徹底解説